どんぐりダンスの夢のお話

わたしがみた夢を書き綴ります

お歌 チョンソンアリラン ソン・ソヒさん


송소희 x 양방언 '정선아리랑' [기진맥진프로젝트'3']


このお歌はチョンソンアリランと呼ばれています。
チョンソンとは地名で韓国のカンウォンドの中にあります。
お歌の歌詞に出てくるヨリャンリやユチョンリは同じチョンソン郡にあるそうですが
険しい地形に阻まれて行き来するのは大変です。
このお歌の歌詞は、お歌を歌っているソヒヤが書きました。
ヨリャンリからユチョンリまではほんとに近くなのに
大きなお山があって隣の町まで行くのは命がけです。
隣町には愛している人がいます。
でも大きなお山、川、雪、どしたら行けるかしら?
椿は散ったことに、死んだことに気づきません。
冷たい小雨がいつまでも降っている
しかたなくメジロの後をおって峠に向かって進みます。
向かう先は、アリラン峠です。
アリラン峠(アリランコンゲ)はほんとにはありません。
だから
散った椿のように
そしてメジロを追って進みます。
このお歌の女性は、ほんとはもう死んじゃった。
でも
心だけはアリラン峠の周りを愛している方を探してずっとさまよっています。
ソヒヤの詩は素晴らしい。
ほんとうに痛々しい。
ほんとうにつらくかなしい。
それでも
お歌は力強く進みます。
そうなんです。
力強く進むんです。
誰も、何もじゃまできません。
そうです
心は
どこにでも行けるんです。
ありがとうソヒヤ。


どのアリランにも数えきれないほどの歌詞があります。
ほんとうに素敵なことです。


정선아리랑


여량리에서 유천리까지
몇리 나 된다고
이 마 음 가랑비에
젖어들게 하나
떨어지는 동백아
지지 알고 있거라
이 내 몸 강 건너
님을 보러 갈 거라
아리랑 아리랑
아라리요
아리랑 고개 고개로
나를 넘겨 주게
아우러지 뱃사 공아
나 좀 건너 주게
다리건너 동박새
결에 가야 겠네
아리랑 아리랑
아라리요